O2Oマーケティングとは何か?O2Oの基本と問題点

o2oマーケティング基本を説明

あなたはO2Oマーケティングという言葉ご存知でしょうか?

「O2O」これは『Online to Offline (オンラインtoオフライン)』の略で、
Online(オンライン)= インターネット上 から Offline(オフライン)リアルの店頭などへお客さんを誘導して商品・サービスの購入を促したり、ファンを作っていったりするマーケティングのことをいいます。

個人事業主や小さな規模のビジネスならば、このO2Oマーケティングは非常に効果的なので、ぜひ実践して欲しいマーケティングになります。

まぁ、「O2O」なんてわかりにくい言い方をしていますが、この『オンラインからオフラインへ』という流れは今の時代あたり前になってきています。

逆に言えば、このO2Oが実践できていないとビジネスとしては「苦しくなる可能性が高い」ということです。

O2Oは消費者にとって日常的

突然ですが、少し想像してみてください。

・・・・・・・・・・・

あなたはド田舎出身。たまたま仕事の出張で大都市「東京」に来ました。そんな状況の中、ちょっと時間ができた昼休み。せっかく東京に来たし、うまいラーメン食べたいな!

と思ったとします。

この状況ならまず、スマホやタブレットで「東京 ラーメン」などと検索して、まずはお店を探しませんか?

そして

  • ラーメン(商品)の種類
  • お店の場所
  • ラーメンの値段
  • お店の営業時間

などをチェックしますよね。

そこで、「よし!ここにしよう。」と思ったら、実際にそのお店に行く。

・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?何か違和感を感じましたか?
おそらく、特別な違和感は感じなかったと思います。

むしろ「普通のこと」のように感じませんでしたか?

あたり前の行動

今あなたに少し想像していただいた流れが「O2O」なのです。
『検索して、確認して、実際の店舗に行く』

スマホやタブレットの登場によって、インターネットが身近な存在になったからこそ「ネットから店舗へ」という流れを作ることは非常に重要です。「オンとオフ」をつなぐ「O2O」という考えかた、実際の仕組み作りは今や欠かすことができません。

しかしここで改めて意識して欲しいポイントがあります。

それは「オフラインでのマーケティング」の重要性です。ホームページやブログなど、インターネット上でのマーケティングの重要性が注目されやすいですが、「オフライン」でのマーケティングも非常に大切です。

なぜそんなあたり前のことを言うのか?というと、それは「O2O」の抱える問題点と関係があるからです。

O2Oマーケティングの問題点

ラーメンのように飲食店の場合は、お客さんは素直に「O2O」の流れをたどってくれることがほとんどですが、これが例えば「本屋」だったら、お客さんは素直に「O2O」の流れに沿って行動してくれるでしょうか?

どうゆうことかというと、あなたはこんな行動とったことありませんか?

「リアル店舗で値段や実際の商品を確認して、後からネットで買う」

本に限らず、電化製品や日用品、洋服など、あらゆるものが今はインターネットから買うことができます。そして多くの場合、インターネットで買ったほうが安かったりします。

「O2O」の課題・問題点はここにあります。

せっかく店舗に来てもらっても、実はお客さんはショールーム感覚でお店に来ていたりします。そんなショールーム感覚の強いお客さんに、その場で商品を購入してもらうのは結構大変ですよね。

だからこそ、リアル店舗で買う理由が必要になります。リアル店舗でしかできないサービスや特典、お客さんへの対応を考え、マーケティングしていく必要があります。

消費者にとって「O2O」があたり前になったからこそ、「オンラインとオフライン」それぞれの役割をよく考える必要があります。

まとめ

  • 「O2Oマーケティング」とは『Online to Offline (オンラインtoオフライン)』の略で、インターネットからリアル店舗への流れをマーケティングすること。
  • 「O2O」は消費者にとって今やあたり前の行動になったが、だからこそ、「オンラインとオフライン」の役割を考えることの重要性が増している。

あなたも「O2O」の流れ、「オンラインとオフライン」の役割を自分のビジネスに置き換えて考えてみてください。

ps.
実は現在『実店舗を完全にショールームとしてわりきってしまい、販売はインターネットで行う』というビジネスモデルが出てきています。
こうすることで人件費など、必要な経費をかなり抑えられますからね。

「O2O」が重要なことに変わりありませんが、常にいろんな状況を想定して、ビジネスを進めることが非常に重要ですよね。

o2oマーケティング基本を説明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です