PDCA実践ガイド!同じノウハウを学んでも「成功できる人・できない人」がいる違いを知ろう

pdcaサイクル

成功できる起業家と成功できない起業家がいます。この2人の起業家の違いを生み出す原因の1つが『PDCAを実践できているかどうか』です。

あなたが望む成果を長期的に安定して出し続けるために、PDCAは欠かせないスキルです。

ここでは、あなたが個人起業家として成功し続けるために必要なPDCAサイクル実践方法をお伝えしていきます。

PDCAサイクルとは?

pcdaサイクル全体像
PDCAの全体像

PDACサイクルの『PDCA』は以下4つの英単語の頭文字をとったものです。

  • P(Plan):計画
  • D(Do):行動
  • C(Check):検証
  • A(Action):改善

PDCAサイクルは、自分の行動やそれに伴う成果を管理するための仕事術として、個人起業家を含め、ビジネスの様々なシーンで使われている手法です。

覚えておこう!

PDCAサイクルは、「自己管理」「ビジネス戦略の管理」に有効な手法


PDCAサイクルの特徴

PDCAサイクルはその名の通り、「P→D→C→A」という流れが1サイクルです。

この1サイクルは「P→D→C→A」の「A」で終わりと考えるのではなく、再び「P」に戻って、再び「P→D→C→A」の流れを繰り返すことから、PDCAサイクルと呼ばれています。

「P→D→C→A」の流れを繰り返していくこと、永続的に自分の活動を管理していける優れた手法だと言えます。

特徴のまとめ

「P→D→C→A」は永続的に続く。P→D→C→A→P→D→C→A→P→D→C→A…


PDCAが必要な2つの理由

理由1.ビジネスで望む成果を出し続けるめ

自分の活動が、望んだ成果につながっているのかどうか?

それを正確に検証するために、PDCAサイクルが重要です。

ビジネスでは「過程」よりも「結果」が大事。どんなに頑張っても、成果がついてこなければ、そもそもビジネスを続けることができないですよね。

慣れないうちはシンドイ部分もありますが、自分の行動や結果と向きあっていきましょう。


理由2.10年、20年先も活躍し続けるため

あなたが起業家として活動し、大きな成功を手に入れたとします。でもそれが、一時的なことだったら嫌じゃありませんか?

起業1年目だけ、大成功!でも2年目からは、苦しい状況に…

これではいわゆる「一発屋」ですよね。

起業したのであれば、 長期的に安定して稼ぎ続けることが大事。そのために、PDCAサイクルが有効です。

自分の活動をPCDAサイクルを使って、しっかり確認しながら、ビジネスを成長・安定させていきましょう。PDCAサイクルは、長期的な成長・成功を手にするために欠かせない仕事術です。

起業家にとってのPDCAサイクル実践方法

PDCAを実践していくためには、まず個人起業家としてのWEBマーケティングの全体像を理解することが大事です。下のイメージ図をしっかり頭に入れておきましょう。

用語解説

■FE(フロントエンド商品
新規客を獲得するための商品のこと。
一般的に、安価な商品が多い。

■BE(バックエンド商品)
販売することで利益になる商品のこと。
フロントエンドとは違い、高価格であることが多い。

売上獲得までの全体像を理解しておくことで、「自分が今、どこをどんなふうに改善していけば良いのか?」ということを把握できるようになっていきます。

そして「自分が課題となっている部分に対してPDCAのサイクルを実践していく」という流れです。


【Plan】計画を考えよう

PCDAのPの実践
行動計画を練ろう!

PDCAの「P」は、計画を立てることです。

ここでいう「計画」とは、「自分の目標」と「現在の自分」の差を埋めるための施策を考えることだと認識してください。

PDCAの計画のイメージ
どうすれば目標達成できる?

「〇〇になったらイイな〜?」ぐらいの軽い気持ちで行動していたら、それは計画的とは言えないですよね。曖昧な考え方のままでは、目標の実現もかなり難しいです。

Plan(計画)とは?

目標を実現するためには、自分は今何をすればいいのか?(問題点は何か?)

課題を見つけて、その課題をクリアにするために、具体的な行動の道筋を考えていくこと。

<プチ解説>問題と課題の違い

・問題:現実と理想の間のギャップ
・課題:問題を解決するために取り組む行動


計画を考える5つのポイント

具体的な行動の道筋を考えていくときは、次の5つのポイントを意識しておきましょう。

  1. 実現したい目標を明確(具体的)にしてから計画を練る
  2. 目標の達成度を数字で計測できるようにしておく
  3. 計画は完璧である必要はない
  4. まずは考えてみることが大事
  5. 計画は必要に応じて修正していく

【Do】ガンガン実践しよう

PCDAのDの実践
どこでも実践していこう!

PDCAの「D」は、計画した内容を実際に行動に移すことです。

どんなビジネスでも実践しなければ、成功はできません。なので、計画した内容を積極的に実践に移していきましょう。

Do(実行)とは?

「P」の段階で計画した内容を、積極的に実践していくこと。


計画を実践するときの3つの心得

  1. 100%計画通りにいは行かない
  2. 想定外のことは常に起こる
  3. 行動できないときは、計画を見直す(特に「目標設定」を見直す

【Check】実践内容を振り返る

PCDAのCの実践
「行動の結果」を検証しよう

PDCAの「C」は、「計画した内容(P)」を「実践段階(D)」でどのぐらい実行できたのか検証します。

「どうすれば目標達成に近づくのか?」という視点を持って、現状分析をしていきます。

Check(検証)とは?

「D」の段階で実践した結果を見て、「なぜ結果がでたのか?・でなかったのか?」「 どこを改善すれば目標達成できるのか?」ということを分析・仮説立てしていくこと。


検証で意識すべき4つのポイント

  1. 正しく現状を認識しよう
  2. 客観的な視点から、事実を整理しよう
  3. 人からの意見をもらおう
  4. 具体的な数字を使って結果を分析しよう

【Action】改善案を実践しよう

PCDAのAの実践
より良い方法は?

PDCAの「A」は、「C」の検証結果を踏まえて課題を設定し、実際に行動に移していくことです。

Action(改善)とは?

目標を達成するために、実践するべき行動の内容(やり方・方法)を変更すること。


実践で大事な4つのポイント

  • いきなり大きな方向転換をしないこと
  • 「〇〇をやめる」という改善案を考えてみる
  • 「〇〇を減らす」という改善案を考えてみる
  • 「〇〇を変える」という改善案を考えてみる

比較!成功する起業家と成功できない起業家のPDCA

成功できる起業家と成功できない起業家
2人の起業家は何が違う?

成功する起業家と成功できない起業家の間には、PDCAの実践においてどんな違いがあるのか?

簡単に比較してみたので、ぜひ参考にしてくださいね。

成功できる起業家成功できない起業家
P(計画計画が具体的で明確そもそも計画がない。かなり曖昧
D(実践)・ひたすら実践する
・失敗を恐れない
・実践しない。考えるだけ止まる
・1回の実践で、成果を出そうとする
C(検証)数字を出して具体的に検証する検証に対して苦手意識がある
A(改善)改善案を実践するまでのスピードが早い改善案を作っても実践しない
考え方PDCAサイクルの「量」を大切にするPDCAサイクルの「質」を大切にする

さいごに

起業家として本当に大事なことは、5年・10年・20年と長期的に安定して、活躍し続けることです。

いっときの成功に大きな価値はありません。

例えば、「月収100万円達成しました!」「年収3000万円達成しました!」と言っても、それが一時的なら意味がないです。

PDCAを実践し続けるということは、常に時代の変化に合わせて、ビジネスを進化させていくことだと思ってください。

ビジネスで最も大事な「あなたのお客様」が喜んでくれるビジネスをするためにも、PDCAの実践がとても重要です。

もしあなたが、いっとき成功ではなく、5年・10年・20年先も稼ぎ続けることができる
起業家になりたいのであれば、PDCAを実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です