ブログ・メルマガのやる気スイッチが勝手に作動する方法

笑顔でタイピングする女性

ブログやメルマガを書いていると、どうしてもやる気がでないときがあると思います。「書きたくないな」「めんどくさいな」そんなふうに感じてしまう瞬間は誰にでもあるものです。

でもだからと言って、書くことから逃げてしまうのはちょっと違う。もしあなたがインターネットでビジネスをしていきたいなら、『書くこと』はどうしても必要になる。

書くこと(ライティング)に対してやる気がでない時の対処法をご紹介するので、ダマされたと思って実践してみてください。

ブログもメルマガも「やる気がでない」は普通のこと

そもそも論ですが、やる気がでないのは普通のことです。

「毎日、毎日、書くのが楽しい!!」と言うのはある種、変態の境地。そこまで書くことを純粋に楽しめたら、本当にすごいと思う。

でも、なかなかそうはいかないもの。だから、あなたが「書けない」「やる気がでない」と感じてしまうことはごくごく普通のことであること。

まずはそこをしっかり理解しておいてくださいね。

書くことに対して、やる気がでないのは普通のこと。

・自分はダメなやつ
・自分は才能がない
・自分はセンスがない

そんなふうに自分を責める必要は一切ないです。

やる気がないからこそ書く

結論から言えば、やる気がない時こそ書きましょう。

元も子もないように思えますが、これが対処法としては1番効果的です。具体的な方法を解説しますね。


ポイント1.とりあえずか手を動かす

「やる気がない時こそ書く」という方法で最も重要なことは、とりあえず書くことです。言い方を変えれば、とりあえず手を動かすと言うこと。

パソコンのキーボードの上に手を置いて、とりあえず手を動かしてみる。それがとても重要です。

やる気がでない時にパソコンから逃げたり、全く書かないことを選択してしまうと、それがクセになる可能性が高いです。そして最終的には完全に書かなくなる。

ブログもメルマガも『継続』が1番の重要ポイントであり、1番の挫折ポイントです。だから「書くこと」から逃げることは、ブログ・メルマガの終了に近づくといっても過言ではありません。

やる気があるときも、やる気がない時も、とりあえず書く。

まずはこのマインドセットを大事にしてください。


ポイント2.頭の中のモヤモヤを全部書く

「とりあえず手を動かして、何を書けばいいのか?」その答えは、『あなたの頭の中にある言葉をそのまま書くこと』です。

本当にありのまま、そのままの言葉を書いてください。

例えば、僕ならこんな感じ。

やりたくないな書きたくないな
だるいな、アイス食べたいな
なんか今日はしんどいな

あーめんどくさ
あのレター書くのめんどくさ
あの記事書くのめんどくさ

マンガ読みたーい

誰かに見せるわけではないので、100%素直に書きましょう。もし外にいたり、家族や恋人がいる場合は、見られないような環境にしてから書くと、思いっきり書くことができますよ。


ポイント3.自然とやる気になってくる

不思議なことに、最初は愚痴っぽいことをダラダラ書いていても、自然とやる気がでてきます。関係ないことを書き始めていく中で、だんだん気持ちがブログやメルマガモードになっていきます。

とりあえずダラダラ適当なこと

徐々にブログやメルマガに関すること

いつもの間にか普通にライティング

やる気がないときに「やる気を出さなきゃ」などと考える必要はありません。

とりあえず手を動かして書いてみること。

それをぜひ実践してみてください。

書けない時こそ、自分で考えないことが大事

「とりあえず手を動かしてみる」という方法をお伝えしました。しかし、それでも書けないというケースもあると思います。そんなときオススメの方法は、テンプレートを使うことです。

他業種・業界で参考にしている人のブログやメルマガをテンプレートにして、自分の記事を作成する方法です。

・ブログ
・メルマガ
・Youtube
・SNS

参考となる人の各メディアをチェックすることで、記事のネタを見つけることができます。

書けないと悩むときは、ゼロから自分でネタを考えようとしているケースが多いものです。しかし、ゼロから考えるのはとても大変。

だからこそ、売れている人・憧れの人を参考にして、ブログ・メルマガのネタを拝借させてもらいましょう。

・気になるサイトはブックマークに登録する。
・気になるメルマガは購読してみる。

そうすることで、いつでもテンプレートを見つけることができます。

次の日も安心!やる気を維持する簡単なコツ

ブログ・メルマガを書いているとき、途中でストップする。これが次の日にやる気をつなげるコツです。

途中でストップしておけば、次の日は続きから始めればいいだけ。なので「よしやろう!」というエネルギーが少なくて済みます。

どんな人でも中途半端な状態は、逆に気になってしまうものです。そうした心理的な効果もあって、次の日はスムーズにライティングを始めることができます。

例えば

・ブログ記事の構成だけ考えて、本文は次の日に書く。
・メルマガの本文を書いたら、編集は次の日にする。

こんな感じで、途中で書くことをやめてみてください。

ポイントは「もう少し頑張って終わらせよう!」と思ったとき。そう思ったときこそ、手を止めて、次の日に持ち越してみてください。

かなりスムーズに取り掛かることができますよ。

さいごに

もしあなたが何か記事を書かないといけないのに、どうしてもやる気が出ないときは、ここで紹介して方法を実践してみてください。

とりあえず書く。手を動かす。

かなりシンプルだけど、書くことへの抵抗感を和らげてくれるので、オススメです。

ps.
「ど〜しても書けない!」というなら、別の原因があるかも。もしもの時は、チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です