店舗ビジネスの基本!集客効果を高める2つの視点

双眼鏡で2つの視点をイメージ

店舗ビジネスにおいて集客は生命線のようなものですよね。

  • どんなに凄い経営の知識・ノウハウを持っていても
  • どんなに素晴らしいコンテンツを用意しておいても

実際にお店にお客さんが来てくれない以上は、それらは全く意味のないことになってしまいます。

では、実際にどうすればあなたのお店にお客さんは来てくれるのでしょうか?
それを、重要な2つの視点からお伝えします。

集客を考える2つの視点

店舗ビジネスの集客方法はどんな種類があるでしょうか?
集客方法は大きくわけると次の2つの視点から考えることができます。

  1. お客さんの種類
  2.  集客する媒体の種類

【1】お客さんの種類

「お客さん」と一言にいっても少し違いがあります。

例えば、

  • 過去に来店されたことのあるお客さん
  • まだ一度も来店されたことのないお客さん
  • 今現在、来店されているお客さん
  • 最近、ご無沙汰のお客さん

このようにお客さんの種類を把握することは、集客の効果を上げるために非常に重要な要素になるので、必ず押さえておく必要があります。

なぜ押さえておく必要があるのか?

それはもう一つの視点でもある『集客媒体』を考えるとき重要になるからです。

【2】集客媒体を考える

集客媒体とは、広告を掲載する場所のことだと考えてください。
そして集客媒体は、オンラインとオフラインに分けることができます。

オンライン

インターネットを使って行う集客のことをいいます。
主な方法は

  • ホームページ
  • ブログ
  • SNS
  • ポータルサイト

などがあります。

オフライン

インターネットではなく実際のリアル対面などで効果を出す方法です。

  • チラシなどの媒体
  • 看板
  • 折り込みチラシ
  • 店頭でハンディング
  • リーフレット
  • ブラックボード
  • 看板
  • DM

などなど、いろんな種類があります。

オフラインのさまざまな媒体を使い分けることで、集客方法にバリエーションを持つことができます。

なぜ、お客さんと集客媒体を分けたのか?

お客さんの種類と集客媒体を分けたのには、理由があります。
それは、

  • 誰に?
  • どのように伝えるのか?

これをしっかりと理解してから集客活動をして頂くためです。

この考え方については「マーケティングの戦略に欠かせない3つのM」という記事でもお伝えしているので、ぜひチェックしておいてください。

では、

  • 誰に?
  • どのように伝える?

とはどうゆうことなのか?
これをを実際に確認して頂くために、簡単な問題をだすので、考えてみてください。

  • この問題はあくまでも簡単な確認です。
  • 実際にあなたのビジネスに置き換えてイメージしながら考えてみてください。
  • あなたのペルソナを思い浮かべながら考えてみてください。

【Q1】
過去にあなたのお店に来店してことのあるお客さん(最終来店は1ヶ月前)にもう一度来店して欲しいとします。
このお客さんに再び来てもらうためには、どんな集客媒体を使えば効果がでやすいでしょうか?

【Q2】
あなたのお店にまだ来たことのないお客さんのがいます。
この、新規のお客さんにお店に来てもらうためには、どんな集客媒体を使うと効果がでるでしょうか?

【Q3】
最近ご無沙汰の休眠顧客がいます。(最終来店は1年前)
もう一度、来店して頂くためにはどんな集客媒体を使うと良いでしょうか?

 

実践とデータの構築

いかがでしたか?

あなたが今思い浮かんだ答え、アイディアはぜひメモしておいてください。
そして、実践に移してみてください。

Q1〜 Q3の答えは、それぞれ「これだ!」という正解はありません。

  • お客さんの年齢層
  • 地域性
  • 人通り
  • 立地

などなど。
いろいろな条件があるので、一概に「これだ!」と断定することは難しいです。

結果をある程度「良い・悪い」と予測するためには、その予測を立てるためにデータが必要になります。信頼できるデータや過去の実践データがあるのなら良いのですが、そうでない場合は、チャレンジしながら改善し、データを構築していくしかありません。

なのでデータが少ないうちは「やってみないとわからない」ことが多いのです。

常に2つの視点を意識する

集客活動をするときは、今回お伝えした2つの視点を意識しましょう。

  • 誰に?
  • どのように伝えるのか?

これが意識できるだけで、必ず結果が変わってきます。
そして、しっかり結果を計測しながら、データを構築していきましょう。

双眼鏡で2つの視点をイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です