フリー戦略で成果をだすため、脳に刻んでおきたい3つの思考

フリー戦略を考える男の子

フリー戦略とは、あなたが持っているノウハウやスキルを見込み客に無料(=フリー)で提供することから利益につなげていくビジネス戦略のことです。ひとり起業家にとっては、とても重要な戦略の1つになります。

あなたの見込み客にとっても、価値あるコンテンツが「無料」で手に入るなら魅力的ですよね。なので、あなたもひとりの起業家として、フリー戦略を実践しない理由はありません。

フリー戦略を実践していく上でキーポイントになるのが、無料で提供する『無料コンテンツ』。ここでは、その作り方と大事な考え方をお伝えします。

あなたがコンサルタントであれ、セミナー講師であれ、占い師であれ、セラピストであれ、どんな業種・業界であってもフリー戦略は売上を引き寄せてくれます。

フリー戦略の実践に欠かせない考え方

フリー戦略を実践してく上でちゃんと理解しておきたい3つの考え方をお伝えします。

3つの考え方は、あなたがこれからフリー戦略を実践してく上で常に意識しておいてくださいね。

1.フリー戦略の目的

結論から言えば、フリー戦略の目的は『新規の見込み客を獲得すること』です。

新規の見込み客を獲得することができなければ、どんなに素晴らしい商品・サービスを持っていたとしても宝の持ち腐れになります。

でも新規の見込み客の獲得というのは、ビジネス活動の中で一番難しい部分です。だからこそ、フリー戦略を有効活用して新規の見込み客を集めていく必要があります。

2.なぜフリー戦略が有効?

フリー戦略は、見込み客の信頼を獲得するため(信頼獲得につなげるため)に有効です。

ちょっと突然ですが、1つ質問させてください。

Q.インターネットで見つけた人、初めて訪れたサイトの運営者を、いきなり信頼することができますか?

まぁ考えるまでもなく難しいですよね。「この人は誰だ?」「何やっているやつだ?」そんなふうに感じるのが普通だと思います。

対面の営業とは違い、インターネット上では相手の空気感を感じることができないですよね。だから、いきなり信頼されることは難しい。

プロフィールや実績紹介ページで、どんなにいいことが書いてあっても、それが本物かどうかもわからないし、相手が信頼に足る人なのかどうかもわからない。

もっとシンプルに言えば、自分と相性がいいのかどうかよくわからないと思います。

今、このページを読んでくれているあなたも、僕に対してそう感じている可能性が高いですよね。

インターネット経由では、対面に比べて伝わる情報が圧倒的に不足するということです。

だからこそ、無料コンテンツを見込み客に提供することで、自分のことを知ってもらう。見込み客自身の目で見て確かめてもらう。それが、信頼獲得へのはじめの一歩に繋がっていきます。

見込み客自身の目で見て、あなたのことを知る・確かめことができる。そしてそこから、興味を持ってもらい、信頼獲得につなげていく。

これがフリー戦略の持つ有効性であり、ひとり起業家にとっては欠かせない戦略なんです。

『見込み客自身の目で見て確認してもらう』

この過程があるからこそ、まだ実績がない人やこれから起業したい人にとってもフリー戦略は大きな効果を期待できます。

・これから起業したい
・まだ実績がない
・まだお客様の声が少ない
・推薦の声がもらえない

もしあなたがこうした悩みを抱えて立ち止まっているなら、フリー戦略を実践してくださいね。見込み客にとって価値ある無料コンテンツを提供すれば、実績の有無は気にしなくても大丈夫ですよ。

3.無料コンテンツの価値を決めるもの

フリー戦略を実践するとき、僕たち起業家が常に気をつけないといけないことは、「商品・サービスに価値があると勘違いしてしまうこと」です。でも残念なことに、そもそも商品やサービス自体には価値なんてありません。

商品・サービスを求めてくれる人がいて、はじめて価値が生まれる。この事実を忘れないようにしてください。

例えば、B’z・ミスチル・サザンオールスターズ・ユーミンなどの、いわゆる大御所の音楽。日本中に彼らの音楽を聞きたいと感じる人が何十万・何百万人といますよね。だから、彼らの音楽には今でも価値が生まれています。

じゃあもしも、彼らの音楽を求める人が1人もいなくなったら?…

たとえどんなにいい曲を作ったとしても、そこに価値は生まれないですよね。きっと自然とメディアから消えていくことになりますよね。

あなたの商品・サービスでも全く同じことが言えます。

『あなたの商品・サービスを求めてくれる人がいるから、価値が生まれる』

この考え方はあなたの脳内に刻み込んでおいてくださいね。

だから無料コンテンツを作るときは、事前に見込み客へアンケートやインタビューしておけると理想的です。「どんな悩みがあるのか?」「何が欲しいのか?」それがわかってしまえば、どんなコンテンツを作ればいいのかハッキリしますよね。

無料コンテンツを作っていくとき、「見込み客が欲しいと感じてくれるから、コンテンツの価値が生まれている」ということを常に意識しながらフリー戦略を実践していきましょう。

自分の商品・サービスに恋をしないこと。

これは僕もあなたも肝に銘じておくべき、大切な考え方です。

さいごに

どんなふうに自分のビジネスの中にフリー戦略を取り入れ、どう実践してくのか?

これを徹底的に考えながら、フリー戦略を実践していきましょう。トライ&エラーと試行錯誤を繰り返すことであなたのマーケティング感覚も磨かれていくので、ぜひチャレンジしてみてください。

そして、さいごに1つ、ちょっとしてアドバイス。

無料コンテンツを作るときは、クオリティにこだわっていきましょう。今のあなたが提供できるもの中でも「これだ!」と思えるコンテンツを提供してあげてください。

あなたの中でベスト3に入るコンテンツの中から、1つをフリー戦略に使う。そんな感じのイメージです。

見込み客のためにも、ケチケチしたコンテンツだけは作らないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です