マーケティング戦略に欠かせない3つのM

マーケティング戦略を表す看板

ビジネスを成長させたい!と考えた時に、
どんな業界であろうが、
本質的には共通のポイントがあります。

これがわかれば、3つの視点で
あなたのビジネスをチェックすることができます。

マーケティング戦略に必要な3M

あなたはマーケティングに必要な3Mをご存知でしょうか?

  • マーケット Market
  • メディア  Media
  • メッセージ Message

この3つの頭文字のMをとって「3M」といいます。

マーケティング用語として必ず覚えておきましょう。

また、「言葉は知っているけれども、どうやってビジネスに取り入れていけば良いのかよくわからない」という人も以外と多いのではないでしょうか?

「マーケット」は「誰に売るか?」のこと

あなたのビジネスは誰にとって価値がありますか?あなたの理想のお客さんは誰ですか?あなたは誰にその商品・サービスを購入してもらいたいのですか?

この「誰」を考えることが、とっても重要です。

では、どうやって考えていくのか?
そこでまず初めに取り組むのが「リサーチ」です。

あなたのビジネスのマーケットをリサーチします。

ターゲットを探す

例えば、あなたは釣りに出かけたとします。
でも、魚のいない池に釣りに行っても魚は釣れないですよね?

これをそのままビジネスに置き換えると、「あなたの商品・サービスのターゲットとなるお客さんのいない場所でビジネスをしても、お客さんは来ない」ということになります。

例えばこんなケース。

  • インターネットで地域名での検索が少ない地域
  • 利用者数の少ない駅の近く
  • 人通りが少ない場所

だからまず、
あなたがターゲットにしたいお客さんにあわせて、リサーチする必要があります。
ターゲットはいるのか?それとも、そもそもターゲットはいないのか?それをリサーチすることが重要です。

実際にどうするのか?

Googleに「キーワードプランナー」という無料のサービスがあります。
https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

これを使ってリサーチすることができます。

あなたがビジネスをしているorビジネスをしたい「地域」

+「あなたの商品・サービス」のキーワード

これで、ひと月にどのくらい検索されているのかを調べることが出来ます。

例えば、

  • 「地域」+「美容院」
  • 「地域」+「マッサージ」
  • 「地域」+「カフェ」

などです。

ここで少しだけ考えてみましょう。

ひと月の検索数が10件のケースと10,000件のケースでは、
どちらがビジネスをするのに良いでしょうか?
どちらの方が広告を出したら集客出来そうですか?

 

当然答えは、10,000件のケースですよね。

リサーチしてわかることは、そこにあなたのビジネスの見込み客がいるか?ということです。

そして、リサーチ結果をふまえてマーケティング戦略をたてる。
リサーチをどれだけ手を抜かずにやるのか?それがとても重要です。

もう一つの重要なリサーチ項目

マーケットをリサーチして見込み客がいることがわかったら、次に「あなたのライバル」をリサーチしましょう。

  • あなたのお店のエリアにライバルがいるのか?
  • ネットで検索したら1ページ目に何件ライバルがでてくるか?

徹底的に調べましょう。

そして、

  • ライバル不在なら、一人勝ちの可能性ありです
  • ライバルがいるなら、全員に勝てる戦略を考えましょう

しかし、なかなかライバルがいない・不在なんてことは稀です。
それはそもそも、うまくいかないビジネスの可能性もあるので気を付けましょう。

では、ライバルがいたらどうすればよいのか?

もしもあなたのお店が、激戦区と言われる地域でも、まだまだ大丈夫です。
インターネットでしっかりマーケティングをしているライバルは多くても4〜5程度です。

まずはライバルのホームページやブログを確認しながら、ライバルに勝てるようなホームページやブログをしっかり作りましょう。

最終的にはあなたのお店が一番見込み客にとって「魅力的」になることがポイントです。「魅力的」になるために必要なことは価値をしっかり伝えること。

価値を伝えるためには、コピーライティングが役に立ちます。

「メッセージ」はお客さんに差し出す「エサ」

「メッセージ」はあなたがマーケットをリサーチして決めたターゲットをおびき出すための「エサ」の役割をします。つまりあなたがお客さんにする提案(=オファー)がとても重要な要素になります。

オンラインでHP・ブログを作るときも、
オフラインでチラシ・DMをつくるときも、
すべては、あなたの発するメッセージで作られています。

あなたのメッセージやオファーがあなたのターゲットにとって価値のないものなら、
全く反応を得ることはできません。

マーケティングをしていて結果が出ない時は、
「メッセージ」や「オファー」が間違っていることが多くあります。

  • まったく魅力のないメッセージ・オファー
  • ターゲットにとって、ぜんぜん関係のないメッセージ・オファー
  • まったく価値を感じないメッセージ・オファー

などです。

ターゲットに最適なメッセージ・オファーを考える

例えば、あなたは「20〜30代の女性」をターゲットにしています。
次のQ1、Q2をぜひ考えてみてください。
Q1. このターゲットに合ったメッセージはどちらでしょうか?

  1. メンズフェイシャルエステ
  2. レディース小顔マッサージ

ーーーーーーーーーーーーー

Q2. 次に、どのオファーが一番魅力的でしょうか?
(1〜3の商品は全て同じ価格です)

  1. 「小顔マッサージの方法」無料レポート
  2. 「小顔マッサージの方法」無料レポート+「小顔効果を持続させる秘伝のツボ」無料解説DVD
  3. 「小顔マッサージの方法」無料レポート+小顔効果を持続させる秘伝のツボ」無料解説DVD+「代謝UP!お肌が10歳若返る小顔リンパマッサージ」無料解説DVD

いかがでしたか?

あなたはターゲットに最適なメッセージを届ける必要があります。

そして「これは絶対買わない方が損だ!」と感じてしまうほどのオファーを考えましょう。

また、伝わるメッセージを書くときのチェックポイントを別の記事にまとめてみたので
ぜひチェックしておいてください。
→ 記事のタイトル

「メディア」は「エサを置く場所」

メディアと聞くとTVや新聞、情報誌、インターネットが思い浮かぶかもしれません。
もちろんこれらもメディアのひとつであるけれども、他にもたくさんメディアの種類はあります。

チラシ、DM、看板、FAX、名刺などなど…
非常にたくさんのメディアが存在しています。

このたくさんのメディアを使って、

  1. あなたのターゲット(マーケット)が
  2. 欲しがるエサ(メッセージ)を
  3. どこに置くと反応してもらえるのか?(メディア

これを考えることが非常に重要です。

誰がそのメディアを見ているのか?

現在はインターネットで調べものをすることが一般的ですね。

お客さんは、
なにを使ってあなたの商品・サービスを探しますか?
どこにメッセージを出しおけば、あなたのターゲットは見つけてくれるでしょうか?

この「メディア」は大きく分けるとオンラインオフラインの2つに分けることができます。

オンラインのメディア

オンラインのメディアとしては、

  • ホームページ
  • ブログ
  • SNS
  • メルマガ
  • 動画

などが最近は主流のメディアです。

インターネット上で、あなたの見込み客がが、あなたのお店・商品・サービスを見つけるためにメディアを使っていく必要があります。

よくやってしまう大きな間違い

ここでよくある間違いは、
「う〜ん、それならどのメディアで勝負しようかな?」と、
どれか1つのメディアで頑張ろうとしてしまうことです。

これは大きな間違いです。
あなたはなるべく多くのメディアを使って、ターゲットにメッセージを届ける必要があります。
その数に制限などありません。

あなたのライバルも、当然これらの「メディア」を使って、お店や商品・サービスを広告しています。

ということは、これらのメディアをどう使っていくのか?
これがあなたの売上をあげるカギということ。

今すぐ取り組めることから、どんどん実践していきましょう。

まとめ

マーケティング戦略を考える上でかかせないのが「3M」

  • マーケット Market
  • メッセージ Message
  • メディア  Media

マーケットは「あなたのターゲット」
メッセージは「ターゲットを引き寄せるエサ」
メディアは「エサの置き場所」

どれか1つでも、不適切だとマーケティングは上手くいきません。

3つが最適な状態になるように、
なんども実践と改善を繰り返していきましょう。

マーケティング戦略を表す看板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です