もしあなたが、これから起業したい!と考えているのであれば、この記事はあなたのための記事です。

起業するなら、絶対に失敗したくないですよね。でも、なかなか上手くいかない人が多いことも事実としてあります。

では、その原因はなんでしょうか?

この記事では、起業したのに、全くうまくいかない、と悩む人に共通する根本的な原因をお伝えします。

  • 起業したいけれど、なにから始めていいのかわからない
  • 最近、起業したけれど正直うまくいってない

という状態があなたにも当てはまるのであれば、ぜひ最後までご覧ください。

起業で失敗する根本的な原因

起業で失敗する原因は、いろいろありますよね。

  • 資金がない
  • 経営知識がない
  • 覚悟がない
  • 計画性がない
  • 目的がない

などなど。どれも、起業が失敗に終わる原因として、納得できるものだと思います。

でも、失敗を招いている「そもそもの原因」というものが別にあると、僕は自分の経験上から考えています。それは「自分が何を売っているのか?自分でわかっていない」ということです。

あなたは何屋さんですか?

「自分が何を売っているのかわからない」だから、何していいのかわかない。

もしあなたが、これから起業したいと考えいるのであれば、「えっそんなことあるの?」と思うかもしれませんが、あなた自身も、同じ状態になる可能性は十分にあります。

しかし、多くの人が、この原因に自分で気が付くことができません。偉そうなこと言ってる、僕自身も「自分が何を売っているのか?」自分でわかっていない時期が長くありました。

起業当時の話

ビジネス交流会によく参加していました。すると、必ずといっていいほど聞かれる質問があります。

経営者さん
あなたはどんなビジネスをしているのですか?

長嶋
コピーライターやってます!チラシを書いたり、ホームページの文章を書いたりするお仕事です。

僕の答えは、これだけでした。

僕が何してるのかは、何となくわかるかもしれません。でも、質問してくれた人に対して、何をしてくれるのか?どんな価値を提供してくれるのかは、全くわからないですよね。

でもそれは、当然のことでした。

なぜなら、僕自身が相手に何をしてあげられるのか?どんな価値を提供できるのか?わかっていなかったからです。もっと簡単に言えば、「僕が何を売っているのか?自分でわかっていなかった」ということです。

いかがですか?

あなたなら、同じ場面で明確に答えることができるでしょうか?

それとも、もごもごしてしまい、当たり障りのないことを答えてしまうでしょうか?

Q. あなたは起業して、何を売りたいのですか?

この質問の答えを明確にすることが、起業して成功するためには、何よりも重要です。

「売るもの」が決まっているからスキル・ノウハウは役立つ

起業してうまくいかない人が一番よくやってしまう間違いは、スキル・ノウハウを片っ端から勉強することです。

勉強すること自体は、とても素晴らしいですが、あなたが「売るもの・売りたいもの」が決まっていないのであれば、スキル・ノウハウを学ぶことに意味はありません。

下の質問を考えてみてください。

質問

あなたは自分が「何を売るのか?」決まっていない・わかっていないのに

  • コピーライティングのスキルをどう使いますか?
  • 集客の心配をしますが、集客できたとしてどうするのですか?
  • ホームページ・ブログを作って、何のために、何を伝えたいのですか?
  • メルマガを配信して、何を伝え、何を達成したいのですか?

いかがですか?

うまくいかないと悩む人の多くは、スキル・ノウハウさえあれば「何とかなる!」「現状打破できる!」と勘違いしています。でも、彼らには「売りたいもの」がありません。

だから、必死で学んだスキル・ノウハウの使い方がわからなくなってしまうのです。

つまり、「どうしていいのかわからない」という状態になります。

しかし、それでも、何がいけないのかわからないので、さらに本を買いあさり、セミナーにでて、「これで大丈夫!」「よし、いける!」と根拠のない自信に満たされます。

でもやっぱり、状況は変わらないです。

もう、お分かりだと思いますが、すべての根本的な原因は、「そもそも自分が何を売るのか?」わかっていないからですよね。

「売りたいもの」があるから、起業がうまくいく

もしあなたに、「ど~しても売りたい!」「何が何でも売りたい!」という商品があるとすれば、その商品を売るために、できる限りのことをすると思いませんか?

例えば、、、

  • 集客の勉強をして、内容を必死に実践するでしょう
  • チラシを出すならコピーライティングのスキルも活かして、チラシを作るでしょう
  • ブログで集客したいと思えば、ブログのノウハウも勉強して、実践するでしょう

つまり、あなたが「本気で売りたいもの」を見つけるということは、起業を成功させるために必須の条件になります。「本気売りたいもの」があるから、必死でスキル・ノウハウを勉強し、実践することができるのです。

もし今現在、あなたが、「売る商品がない・決まっていない」とすれば、真っ先に「売りたい商品」について考えることから始めましょう。

余談

ここまでお伝えすると、だいたい3つのパターンに分かれます。

  1. 起業をあきらめる。つまり、起業が失敗に終わる。
  2. 「売るもの」を提供してくれる高額セミナー・高額塾に参加する
  3. 自分が何を売りたいのか、真剣に考える

ちなみに、僕は最初「2」に逃げてしまいました(恥

でも、本当に自分の力で仕事をしていきたいのであれば、自分の頭を使って真剣に考えることが必要不可欠です。

「自分が何を売りたいのか?」真剣に考える

「売りたい商品」を見つける考え方は、シンプルです。

「誰に何を売るのか?」を考えることです。

では、実際にどう考えるのか?をシンプルにまとめたシートを作っておいたので、下のボタンからダウンロードして、実践ワークに取りくんでみてください。

※ワークに取り組む際の、ポイントも全てシートに記してあります。

起業の出発点

起業の出発点は、あなたが心の底から「提供したい!」と思える商品・サービスをみつける、もしくは、作ることです。

起業して成功したいのであれば、売るものを決めることが、絶対必要です。でもそれが、わからない・決まっていないのであれば、「誰に何を売るのか?を真剣に考えること」が必要になります。

でも、ほとんどの人は「頭を使って、真剣に考えること」は、めんどくさい・難しいと感じて、考えることを怠ったり、見て見ぬふりをしています。

でも、それでは本当に自分のしたいこと、提供したい価値をお客さんに届けることはできません。

「起業する」ということは「自分のやりたいことをやる」ってことでもありますよね。「自分のやりたいこと」は自分だけがわかります。本やセミナーや高額塾がくれるのは答えではなく、ヒントです。

もしあなたが「これから起業したい」もしくは、「起業しているけれどうまくいない」と悩んでいるのであれば、この記事の内容を何度も読んで、自分の中に落とし込んでくださいね。そして、ワークを実践してください。

もちろん、1回きりじゃなくて、何度も実践してくださいね。

ではでは、最後までありがとうございました。

 

立ち尽くすスーツのサラリーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です