「失敗が怖い」という負け犬マインドセットを書き換える方法

負け犬マインドセットを変える方法

成功できる起業家とできない起業家。この2つの起業家は何が違うのか?その答えの1つが『マインドセット』です。

マインドセットとは『物事に対する考え方』のこと。ビジネスで成功するためには、行動が必要です。行動しないと、何も変わらないですよね?

でもこの『行動』を支配しているのが、考え方(=マインドセット)と言われています。誰もが、自分が信じる考え方に従って行動するということです。

じゃあどんなマインドセットが、問題になっているのか?

その代表的な存在が『失敗が怖い』というマインドセットです。

ここでは負け犬マインドセットの代表格『失敗が怖い』を解消するためのヒントをご紹介します。

もしあなたも失敗が怖いなら、この記事を参考にして、お伝えする内容を実践してみてください。

そもそも失敗は回避不能

失敗はつきもの

「失敗しなくない!」

この気持ちは誰にでもあると思います。失敗が怖くて、 どうしても初めの1歩が踏み出せない。そんな人も珍しくありません。

「失敗が怖い」

その気持ちはよく分かりますが、失敗を怖がっていたら起業家としての成功はできません。

・失敗はつきもの。
・失敗は成功のもと。

これはどこでも言われているし、僕も大事な考え方だと思います。起業家として活動していれば、絶対に失敗は経験しますからね。むしろ、失敗の方が多いです。

何かしらの成果を手に入れたいなら、失敗は不可避な存在なんだと思います。

じゃあ、どうやってこの失敗を受け入れていくのか?どう捉えていくのか?

そのヒントを3つご紹介します。

エジソンに学ぶ失敗の定義

失敗の定義を見直す

『失敗なんて存在しない』そう考えることもできます。

有名な話としては、エジソンがこんな名言を残していますよね。

トーマスエジソンの名言
トーマスエジソンの名言

エジソンの名言にあるように、僕たち起業家も諦めずに行動し続けること。それが成功への唯一の道です。

どんな状況であっても、その状況を『失敗』だと決めることができるのは、自分だけです。

失敗なんて存在しない。

このマインドセットを受け入れてみることが、失敗に対する恐怖を克服するためのはじめの一歩とも言えます。

失敗への解釈を変えてみる

失敗の解釈を変える

ビジネスで成功している起業家の人って、そもそも『失敗』に対する解釈力が違います。

失敗と思える出来事をどう捉えるのか?

それが失敗に対する解釈力です。

例えば、こんな感じです。

よくある失敗

・商品をセールスしたけど、誰も買ってくれない。
・セミナーを開催したけど、申し込みがない。


負け犬マインドセットの起業家

・どうせ俺の商品なんて魅力ない。誰も買ってくれない。
・やっぱり自分はダメな奴なんだ。


成功できる起業家のマインドセット

・どこに問題があったのかな?
・セールス?オファー内容?ターゲットがずれてる?

成功できる起業家・成果を出せる起業家たちは、結果から学ぶことができます。

結果を冷静に見つめて、反省点を見つける。そして改善し、次の行動に繋げることができるということ。

失敗ではなく結果があるだけ。

この解釈をあなたの中に取り入れてみてください。

失敗への恐怖を最小限にするワーク

失敗を抑えるワーク

どうしても失敗が怖い時は、次の方法を試してみてください。失敗への恐怖心を抑えることができますよ。

【克服ワーク】失敗した時の『最悪のケース』を想定しよう!

『最悪のケース』を想定しおくことで、失敗に対する恐怖心を軽減することができます。

『起業に失敗したら、最悪の場合どうなるのか?』

これをできるだけリアルに想定してください。

例えば、『借金500万円を抱えてしまう』と考えたら、こんなふうに考えてみてください。

  • 借金が500万円
  • → 毎月10万ぐらいの返済が必要かも
  • → 再就職できなくても、最悪時給1000円のバイトができる
  • → 1,000円×8h=8,000円で23日働けば、月に184,000円稼げる
  • → プライドをすれば、実家に帰ることもできる
  • → そうなれば、最低限の生活は何とかできる

こんな感じで想定したら、この最悪の事態を受け入れることができるかどうか?

それが大事なポイントです。もし受け入れることができないなら、そもそも起業しないほうがいい可能性が高い。

もしくは、もっと別の手段を見つけることがオススメです。

最悪の事態を想定しておくと、自分の覚悟を確認することができる。そして、最悪の事態を受けれれば、失敗への恐怖心を減らすことができるということです。

あなたにとっての最悪の事態って、どんな状況ですか?

ぜひ1度、考えてみてください。


ワークのポイント

最悪のケース、その状況を受け入れる覚悟があるか?ないか?

それを確認することがとっても大事です。

最悪のケースを想定することは簡単ですが、想定するだけでは意味がありません。最悪のケースを受け入れる覚悟を持つことで、初めて失敗への恐怖心が軽減します。

もし失敗してしまったら、何が失われるのか?

これを明確にしてくださいね。ポイントは、できるだけリアリティを持つこと。そして、その状況を受け入れる覚悟があるか・ないか?

それを確認してくださいね。

【まとめ】失敗への恐怖を最小限にするワーク


ワーク1

もし最悪の場合、 何が失われてしまいますか?

できるだけ具体的かつ明確にしてください。  


ワーク2

具体的かつ明確にした内容を 受け入れる覚悟はありますか?

・ある → ガンガン行動しよう!
・ない → ちょっと別の道を考えよう。

さいごに

誰だって最初は、失敗が怖いと思います。

でも失敗に対する考え方(マインドセット)を変えていくことで、誰でも恐怖心を克服していくことができます。

もしあなたの中にある『失敗への恐怖』を解消していきたいなら、ここで紹介したヒントを参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です