あなたは何屋さんですか??3つの必須要素をとことん考える!

あなたは何屋さんですか?と書いてある名刺

「あなたは何している人ですか?」と質問されたら、なんと答えますか?

言葉に詰まらずに返答できますか?

あなたの事業内容は、

  1. 誰に(マーケット)
  2. 何を(取り扱う商品)
  3. どのように(販売方法)

という3つの要素で決まってきます。

逆に言えば、これからビジネスをスタートしたいのであれば、この3つの要素を決めることが非常に重要になります。

この記事では、事業内容を決める3つの要素の考え方の基本中の基本をお伝えします。

独立起業の際に1番やらかす間違い

「よし!これから独立しよう!」と決意して、自分のビジネス・事業内容を考える際に、1番よくやってしまう間違いは、『あなたの都合』で3つの要素を考えてしまうことです。

『あなたの都合』とは、『欲しい利益・欲しい売上・かかるコスト』などを主体に考えてしまうことです。この考え方が、絶対にダメ!とは思いませんが、失敗する可能性が限りなく高い!といえます。

なぜなら『お客さんが見えていない・見ていない状態で考えてしまっている』からです。

ビジネスにおいて、重要なのは『お客さんを中心に考えること』です。なので、正しい考え方(セルフクエスチョン)としては次の通りです。

  • お客さんは誰か?
  • お客さんは何を欲しているのか?
  • お客さんはどこにいるのか?
  • お客さんにどのように商品・サービスを提供するのか?

常に変化する市場に対応するために

ただし、あなたの選んだ市場(マーケット)に合わせて、お客さんの状況・考え方も変化していきます。もしかしたら、お客さんそのものが変わるかもしれません。そうなると、販売方法も変わってきますよね。

なので、こうした変化に対応するために重要になるのが、あなたのビジネスの根本を問う本質的な質問です。

それが『あなたは何屋さんですか?』という質問です。

何屋さんと考えるかで、事業がガラリと変わる

例えば、整体師が『自分はお客さんに整体技術を提供している』と考えている場合と、『自分は整体を通して、お客さんに健康を保つサポートを提供している』と考えている場合では、提供する商品・サービスは全く違うものになってきますよね。

これは個人で起業する場合も同じことがいえます。

例えば、コピーライターの場合。

『自分はコピーライターでコピーを書くスキルを提供する』と考えている場合と、『自分はコピーライティングのスキルを使って、売上を上げるお手伝いをする』と考えている場合では、提供するサービス内容やサービスの幅はガラリと変わってきますよね。

だからこそ、あなたも『自分が何屋さんなのか?』ということを、1度真剣に考えることをオススメします。

常に3つの視点で考える

あなたのビジネス・事業内容を考える際は、今から紹介する3つの視点で常に考えてください。

【1】市場(マーケット)

  • お客さんは誰か?・・・・・・・・・1
  • お客さんはどこにいるのか?・・・・2

【2】商品・サービス

  • お客さんは何を買うのか?・・・・・3
  • お客さんはいくらで買うのか?・・・4

【3】販売方法

  • お客さんはどこで買うのか?・・・・5
  • お客さんはどのように書くのか?・・6

定期的に考えることが大切

1〜6の全ての要素を踏まえて、

『あなたは何屋さんですか?』

『あなたは何をお客さんに提供しますか?』

という質問を、ぜひ真剣に考えてみてください。

これから独立起業したい!という方も、すでに1人でビジネスを頑張っている方も、定期的に考えてみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です