サービスの価値を高める|シンプルかつ強力な“たった1つの秘訣”

リンゴの写真

 

この記事の対象者

  • これから起業したい
  • 起業しているけれど、あまりうまくいってない
  • 自分のサービスに自信がない・価値を感じられない

今から起業して、ビジネスを始めよう!と思っても、やっぱり、不安恐怖心はつきものですよね。

なかでも代表的な不安・恐怖心といえば、「自分の商品・サービスに価値があるのかどうか、不安になる・自信が持てない」というものです。

  • 本当にこれでいいのか不安…
  • まだ経験が浅いから不安だなぁ…
  • 値段を上げるのが怖いなぁ…
  • お金をもらうのが申し訳ない…
  • まだまだ、お金をもらえるレベルじゃない…

などなど。

きっと、あなたも1度は考えたことがあると思います。

どれも深刻な問題に思えますが、実は、原因はたった1つです。

といったら、あなたは信じてくれますか?

今からあなたの商品・サービスに価値を持たせるために、たった1つ大切な秘訣をお伝えします。

「自己中心」が原因

「自分の商品・サービスに自信が持てない」というのは、起業したての頃は、あるあるの悩みだと思います。

もしかしたら、あなたも同じ悩みを持っているかもしれませんね。

「まだまだ経験も浅いのに、自分のサービスでお客さんは満足してくれるのかな?」なんて気持ちは、よく分かります。僕もそうでしたから。

また、ちょっと自信がついてきた頃には「値段をあげたい」と思うでしょう。でも、「値段をあげれば、お客さんの数が減るんじゃないか…」「ライバルに全部持っていかれるのではないか…」と不安になってしまう…。

しかし、

不安な気持ちを抑えて、ちょっと考えてみてください。

  • 「こんなサービスで大丈夫かな?」と考えているのは誰でしょうか?
  • 「単価を上げたら、お客さんが減る」と思い込んでいるのは、誰でしょうか?


そう、、、「自分」ですよね。

「こんなサービスで大丈夫かな?」と悩んでいる状態は、自分で自分の価値観に対して、「いいか?悪いか?」と自問自答している状態です。簡単にいえば、「自分中心の考え方になっている」ということです。

「自分中心の考え方」でいると、いろんな不安や恐怖心に襲われます。

  • 本当にできるのかな…
  • やったことないから不安だなぁ…
  • お金をもらうのが申し訳ない…


すべて「自分中心の考え方」が原因となって感じている感情です。

「自分中心」はあなたの価値をさげる

起業すれば、常に自分で考えて行動する必要があります。

しかし、「自分中心の考え方」でいる限り、すべてうまくいきません。

  • LPのコピーを書くときも
  • ホームページを作るときも
  • ブログを書くときも
  • ビジネスプランを立てるときも

何をするにしても、「自分中心の考え方」では、あなたの望む成果をだすことは難しいです。

では、なぜ「自分中心の考え方」ではサービスの価値に悪い影響を与えてしまうのでしょうか?

補足:コピーを書くときも「相手」が重要

コピーライティングを勉強すると、必ず学ぶ内容があります。それは、主語に「あなた」という言葉を使いましょう!ということです。

すると、多くの人が「なるほどぉ~」と思って主語を「あなた」にします。

でも、ただ単に、言われるがまま「あなた」を主語にするだけでは、いいコピーは書けません。「あなた」は誰を指した言葉なのか?誰を意味するのか?という部分まで考えること重要になります。

「自分中心」だから恐怖が生まれる

冒頭でお伝えした、代表的な不安・恐怖心について、もう1度考えてみます。実はすべて、「自分中心の考え方」から不安や恐怖心は来ています。

すべての頭に「私」という言葉をつけてみてください。

すると、、、

  • 「私は」本当にこれでいいのか不安…
  • 「私は」まだ経験が浅いから不安だなぁ…
  • 「私は」値段を上げるのが怖いなぁ…
  • 「私は」お金をもらうのが申し訳ない…
  • 「私は」まだまだ、お金をもらえるレベルじゃない…


このようになります。つまり、すべて自分中心でしか物事を考えていません。

では、どうしたらこの問題は解決できるのでしょうか?

お客様目線でいるから価値が作れる

解決策は、「お客さん(見込客)中心に物事を考えること」です。

もっと馴染みある言葉でいえば、「お客様目線になる」ということです。

あなたがどんなビジネスをしていこうとも、お客さんに価値を提供するということに変わりはありません。

お客さんに「価値を提供する」とは、お客さんが求めている欲求・願望、解決したい悩み・不安などに対して、解決策を提供してあげることです。

あなたの提供する解決策が、お客さんが望むものに近づくほど、あなたの商品・サービスの価値はどんどん高くなります。

つまり、「あなたのサービスの価値を決めるのは、あなたではなくて、あなたのお客さん」ということです。

同じ業種・業界で、正直サービス内容にそんなに差がないのに、「いただいている報酬に大きな差がある」なんてことは本当によくあることです。

でも、そこにある差は誰を中心に物事を考えているのか?」ということだけです。

例えば、整体院の場合

・1回30分で5000円の報酬をいただきている整体院

・1回30分で50000円の報酬をいただきている整体院

この価格の差は、どこから生まれてくるのでしょうか?

・整体の技術の差?

・先生の人柄の差?

・経験の差ですか?

・立地の差でしょうか?

残念ながら、どれも決定的な理由にはなりません。

2つの違いは、お客さん目線で、お客さんの悩み・問題解決に合わせたサービスが提供できているのかどうか?ということです。

注意点

お客様目線でサービスを考える前の段階として、大切なことがあります。

あなたの核となる「売りたいもの」「提供したいもの」を固めることです。ここが決まっていないと、見せかけだけの偽物になってしまいます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

お客さんに選ばれるようになる秘訣

お客様目線で考えることが、できているかどうかで、あなたのサービスの価値が決まり、あなたが選ばれる側になるか、選ばれずに終わるかが決まります。

もしこの記事を読んで、「やばっ、完全に自分のことだな~」と感じたのであれば、お客様目線に変われるチャンスです。

とは言っても、お客様目線で考えることは、正直、簡単なことではありません。僕もいまだに、気がつくと「自分中心」で考えてしまうことがあります。

もうこればかりは、常にお客様目線を意識しながら、実戦を積んでいくのが1番の方法です。

もしあなたが1人で頑張るなら、根気よく意識し続けること。もし誰か頼れる人がいるのであれば、定期的に確認してもらうことがおすすめです!

もちろん、僕に相談してもらえるなら大歓迎です!

無料相談してみる

ps:

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

リンゴの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です