あなたも集客できる文章の書き方を知りたくありませんか?

あなたも集客できる文章の書き方を知りたくありませんか?

あなたも集客できる文章の書き方を知りたくありませんか?

集客できる文章の書き方をお伝えします。コピーライティングの基本でもあり、集客に応用する上では非常に重要な内容です。

これは一生使えるスキルになるので、ぜひ習得して、使い続けてください。

私はこの基本を勉強し始めて3年ほどになります。

まだまだ期間としては浅いですが、学び始めた頃から常に使い続けて効果を発揮し続けています。しっかり勉強しておいて良かった!と本気で思えるスキルです。

当然、このスキルは簡単ではありません。

ライティングを専門としているセールスコピーライターでも、すごい、いいレターを書ける人と全く書けない人がいるほどです。

しかし、今回は大切なポインをお伝えします。

このポイントをしっかり意識しながら、今のあなたの文章の書き方と、今回のポイントを照らし合わせて作ってみてください。

きっとよい結果が出ますよ。

集客できる文書の書き方=基本構造を知る

大切なポイントとは、コピーライティング基本構造を知ること。
コピーライティングする際には、基本構造を知らなければ始まりません。

基本構造を知ってコピーライティングすることで、結果が出始めます。

コピーライティングの基本構造とは

  1. ヘッドライン
  2. ボディ
  3. クロージング

この3つです。

ヘッドライン

ヘッドラインとは見出しのことです。

このヘッドラインで見込み客の注目を引けるかどうか。

これが一番重要になります。

チラシでヘッドラインの位置を表す
ヘッドライン

注目を引けるかどうかは、「その商品に興味を持つかどうか」または「購入するかどうか」を決めることになるからです。

ヘッドラインで見込み客の興味を惹きつけることができるかどうか。そこで勝負は決まってしまうということです。

ヘッドラインを考えるためなら、「作業時間の80%の時間を割いても構わない」と言われるぐらい、良いものを作るのがほんとうに難しいです。

しかし、それは0から自分で考えようとした場合です。

あなたが「どうしても自分で0から考えたい!」というのなら仕方ありません。

しかし、基本的には良いヘッドラインを真似して書きましょう。簡単に言えばパクるのです。

もちろん、パクるとは言ってもそのまま、丸パクリはダメです。著作権などの問題もあります。

ヘッドラインをパクるときは、型をパクるようにましょう。


型をパクるとは?

例えば、「あなたも毎日あと1時間あればいいのにと思いませんか?」というヘッドラインがありました。

この型をパクるとこんな感じ。

  • あなたも〇〇があればいいのにと思いませんか?
  • あなたも〇〇を手に入れたくありませんか?

パクる時のポイントは、「あなた見込み客の悩み・欲求に対して、どんな言葉が刺さるのか?」といったことを意識しながら考えていきましょう。

なぜ型があると良いのか?

こういった型があるのとないのでは結果が違うことは当然ですが、ヘッドラインを作る時間が全く違います。

型は多くあればあるほど、応用が利くので、ぜひ気になったヘッドラインはあなたの資料として集めておきましょう。

型がたくさんあれば、何パターンも作って、比較し、テストすることができます。その中からいいものを使うことで成果もどんどん上がるでしょう。

全く何もない状態からつくろうと思うと数時間は普通にかかります。あなたがコピーライターならそれでも良いかもしれません。

しかし、ひとりでビジネスをされたり、少人数でビジネスをされている経営者さんならば、そんな時間はないでしょう。

この様に次々型をパクってテストすることで、ヘッドラインを攻略していきましょう。

パクリ先としてオススメなのが、

  • 芸能週刊誌
  • ファッション雑誌
  • 通販雑誌

などがまずは取り組みやすくておすすめです。

ボディコピー

ボディコピーと言われる部分では、商品のことを説明します。

ヘッドラインで興味を持ってくれた人に、商品を売り込むパートです。

チラシでボディコピーの位置を表す
ボディコピー

ここのボディで重要なのは、特徴(スペック)をベネフィットに変換するということ。

特徴(スペック)とは、『あなたの商品・サービスが持っている機能、類似品との違いのこと』。

ベネフィットとは、あなたの商品・サービスを買うことによって、お客さんが得られる利点のこと

あなたの商品・サービスが持つ特徴、機能を通して、お客さんのどんな欲求を満たしてあげることができるのか?

これを伝えることが非常に重要です。

お客さんがあなたの商品・サービスを使った後のイメージを持つことができれば、購入したいという気持ちが出てきます。


特徴 → ベネフィットの例

特徴(スペック=肩こりをもみほぐします。

これをベネフィットを加えてみるとこんな感じ。

肩をしっかりもみほぐします。

だから、血行が良くなり肩まわりの疲労が回復します。その結果、あなたはパソコン作業をしていても肩こりを気にせず作業できるようになるでしょう。

「肩をしっかりもみほぐします」だけだとイメージが湧きません。あ〜またか…って感じの広告になっておしまいです。

しかし、しっかりベネフィットを伝えることで、もみほぐした後のイメージがしやすくなるのです。

ここが非常に重要です。

「特徴→ベネフィット」これを何度も見なおしてください。考えれば考えるほど、よりお客さんの共感を得られるベネフィットがでてきます。

ベネフィットの書き方はこちらをご覧ください。

>>ベネフィットライティング|感情を揺さぶるコピーの作り方5ステップ

クロージング

クロージングは言葉どおり、最後のパートです。

ヘッドラインでしっかりと興味をひきつけて、ボディでベネフィットを伝えイメージさせてた後に続く部分です。

チラシでクロージングの位置を表す
クロージング

ここは何を書くのか?…それはズバリ、

  • どこに連絡をすればいいのか?
  • どうすればその商品・サービスが手に入るのか?

これをしっかりお伝えしましょう。

じゃないとせっかくここまでいい流れで来ても、お客さんはどうすればいいのかわかりません。買うことができなければ、当然、売上も上がりません。


わかりやすさが大事

あなたもこんな経験ありませんか?

ネットショッピングをしていて、
「いいな!買おうかな!」と思った商品があっても、「んっ?どうすればいいの?まぁ、わかんないからやっぱりいいや。や〜めた」という感じになり、結局、買うのをやめちゃう。

実はこういったケースは意外と多いんです。


不安にさせないことが大事

突然ですが、質問です。

Q. ネットショッピングでカートに商品を入れておいて、そのまま購入しない人ってどのくらいいると思いますか?

ぜひ考えてみてください。

答えは「50%」もあるらしいです。結構、びっくりの%ですよね。

せっかくあと一歩!・・・まで行ってやめる。売り手側からしたら、こんな悲しいことはないですよね。

だから、次への流れを分かりやすくするのが売上をあげるポイントになります。

そう考えるとAmazonはやっぱりわかりやすいですよね。まず、迷わないですからね。

結局、迷いは不安を生んでしまいます。だから、最後の分かりやすい流れがとっても重要になるのです。

まとめ

今回お伝えしたポイントは、コピーライティングを実践していく上でとっても重要なポイントになります。

ヘッドラインボディコピークロージング

この3つを意識してコピーライティングを実践する。

他にも細かいノウハウはたくさんありますが、
まずはこの3つのポイントを意識してコピーを作成してください。

きっとこれができるだけで、あなたのチラシやネット集客は良い方向に変化します。

PS.
ちなみに、ボディもクロージングもまずはうまくいっている広告を見つけて、スワイプしましょう!

スワイプのやり方、考え方はヘッドラインと一緒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です