ひとり起業で成功した人に共通する3つの要素

起業して成功したいと考えたとき『どうすればいいのか・何をすればいいのか・何から始めればいいのか』など、行動面からアプローチを考える人が多いと思います。僕自身も最初は『何をすればいいのか?』と、成功するために必要な答え(正しい行動)を探し求めていました。

行動面でのアプローチも確かに重要です。しかし、今回は『考え方』の面で必要となる3つの要素を解説していきます。ひとり起業家として成功した人に共通する3つの要素です。ぜひ、今のあなたの状態と比較しながら、記事をチェックしてみてください。

ひとり起業成功に欠かせない3つの要素

ひとり起業家がビジネスで成功するために欠かせない要素があるとすれば、それは次の3つです。

要素1:マインドセット
要素2:コミュニケーション
要素3:具現化スキル

1つ1つ解説していきますね。

要素1:マインドセット

マインドセットとは、物事に対する考え方・捉え方のことを意味します。例えば、「コピーライティング」は「難しい」と捉えるのか「楽しい」と捉えるのか。捉え方1つで、その後の反応・行動が大きく変化してきます。

起業家として成功するために必要なマインドセットが身についているかどうか。これが起業家として成功するためには非常に重要なポイントです。

では、どんなマインドセットが必要なのか?今回は、3つの重要なマインドセットをご紹介します。

マインドセット①:素直に行動する

「素直さが大事」きっと一度は聞いたことがある言葉だと思います。起業家として成功するためにも素直さは大事です。

  • 教わったことを素直に実践する
  • 師匠や講師の言葉を素直に聞く

特に「素直に実践できるかどうか?」これが非常に重要です。起業家としてうまくいかない人の多くは、教わったことにや学んだことに関して次のように考えることが多いです。

・でもなぁ・・・
・ちょっと考えてからにしよう
・自分には合わない
など

何か情報を得たとき、成功しない起業家は『考える→行動する』という行動をとります。一方、成功する起業家は『行動する→考える』という行動になります。

成功できる人、ビジネスがうまくいく人は、とにかく素直です。教わったノウハウや方法をそのまま実践してみます。そして、実践してから良かったとこ・悪かったところを考えるのです。

素直に行動することが大事だと、頭ではわかっていてもなかなか実行できないかもしれません。しかし、まずやってみるという姿勢を意識し続ければ自然とできるようになっていきます。

マインドセットを変えるためには、繰り返し反復するしかありません。自分が素直に行動できているどうかをなるべく冷静に判断しながら、素直に行動できるようになっていってください。

マインドセット②:とにかく行動する

マインドセット①の素直に行動することと内容が似ていますが、ここでお伝えしたいのは行動の量とスピード感です。

成功できる人は行動がとにかく早い。アイディアが出たその場ですぐに実践してしまう。そのぐらい早いです。「明日やろう」という考え方はまずありません。

そして、行動の量も多いです。1つ行動して満足ではありません。次から次へと、やるべきことをやっていきます。

僕自身、ライター業を副業から始めたのですが、うまくいかないときは「行動しているつもり」になっていました。

・頑張ってブログ記事を書いたら終わり
・ビジネス交流会に参加して満足
・コピーライティングの勉強をして仕事したつもり
など

『行動したことの満足感=大量に行動したつもり』という勘違いをしていました。冷静に自分の行動を振り返ってみると、実は圧倒的に行動量が足りない。そんな状態が長いこと続いてたように思います。

もしあなたも起業家として成功を手にしたいのであれば、圧倒的に行動すること。これを強く意識してみてくださいね。

マインドセット③:集中力=超重要

成功した起業家は集中力が重要なことを知っています。

集中力が発揮されるシーンは実に多様です。

  • 仕事の作業をするとき
  • 運動するとき
  • 本を読むとき
  • 寝るとき

いわゆる「ながら作業(マルチタスク)」をせずに、1つのことに集中して実践する。
これが成功している起業家共通する集中力の特徴です。

要素2:コミュニケーション

コミュニケーションスキル。これも起業家としての成功には欠かせません。

しかし、1つ誤解しないで欲しいのが『コミュニーケションスキル=誰とでも仲良くフレンドリーに話せるようになるスキル』ではありません。

少し表現は悪く聞こえますが、お伝えしたいコミュニケーションスキルの本質は『自分が意図した通りに相手を動かすスキル』です。

会話している相手を自分が思うように行動させること。これが非常に重要になります。なぜなら、もしお客様(見込み客)と仲良くなっても商品・サービスを購入してくれるかどうかは全く別次元の話だからです。

起業家として活動すれば、見込み客と仲良くなるシーンはたくさん訪れます。でも、売上に繋がらなければ1円も稼ぐことはできません。1円も稼げなければ、当然ビジネスの継続が難しくなります。

では、コミュニケーションスキルを習得するためには、どんなことを意識すればいいのか?

コミュニケーションスキルを習得する3つの秘訣をご紹介します。

【秘訣1】自分のことをよく理解する
【秘訣2】相手(見込み客)のことをよく理解する
【秘訣3】市場のことをよく理解す

【秘訣1】自分のことをよく理解する

自分のことを理解する。これは文字通り、自分自身を深く知ることです。

自分がどんな人間なのか?
どんな価値観をもっているのか?
どんな声をしているのか?
どんな第一印象を与えるのか?
など

主観と客観、両方の視点から自分を分析することがオススメです。

【秘訣2】相手(見込み客)のことをよく理解する

会話をする相手のことを理解すること。

相手の価値観や考えていること。特に相手の感情が動くポイントを理解することが重要だったりします。相手の感情が動くポイントを見つけるためのヒントは、「怒り」「嫉妬」です。

【秘訣3】市場のことをよく理解する

市場(マーケット)とは、自分がビジネスをしている業界のことだと捉えておけば大丈夫です。市場ではどんなことが求められているのか、市場ではどんな考え方が一般的なのか。そうしたことを理解しておくことも、コミュニケーションをとる上では重要なポイントになってきます。

要素3:具現化スキル

具現化スキルとは、実際に行動を具現化していくために必要となるスキルのことです。

例えば、パソコンスキル。ワードが扱えたり、タイピングができなければ、コピーライターとして文章を打つことができません。

起業家として活動していくためには、1つ1つの何気ないスキルが意外と重要になってきます。

・パソコンスキル
・システム力(例:サーバーやHTMLなどの知識)
・映像の力(例:写真力や動画作成力)
・コピーライティング
など

具現化スキルがないと、実際に行動したいと思ったとしても、どうしていいかわからずに手が止まってしまうことがよくあります。

  • やり方がわからない
  • 作り方がわからない
  • やろうとしたけどできなかった

スキルがないことが原因で行動が止まってしまい、起業家としての成功が遠ざかっている人は多いものです。

「全部自分でやる必要はない」という意見もあると思います。しかし、できるに越したことはないので「できるけど、あえてやらない」というスタンスが僕がオススメする理想のスタンスです。

自分が活動する中で、何かをしようとした時にそれを形にする力が具現化のスキルです。ぜひ、自分に必要なスキルはある程度できるようにしておきましょう。


まとめ

今回は起業家の成功に欠かせない3つの要素をお伝えしました。

要素1:マインドセット
要素2:コミュニケーション
要素3:具現化スキル

書籍やセミナーなど、いろんな場所で言われていることですが、やっぱりこの3つはとても重要な要素です。

きっと頭ではわかっていることだけれど、できてるかどうかは別もの。『今の自分には何が足りないのか?』という視点から今の自分を振り返ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です