コツはたった1つ!行動力が身につく時間管理

開いた状態の赤い手帳

あなたは好きじゃない言葉ってありますか?
まぁ、回りくど言い方ですが、
要は嫌いな言葉ってことです。

私は自分で使ってしまったり、人に言われたりすると
少しイラッとしてしまう言葉があります。

それは、
「時間があったらやります」

この言葉って要は「やる気ないです」ってことですよね。

あなたも言った事があるはず。
もちろん、私も何度も口にしてしまったことがあります。
では、少し思い返してみてください。

それ、いまだに実行していないですよね?


時間管理について考える

あなたも周りにもよく
「時間がない」
「忙しい」
って言っている人がいませんか?
多くのビジネスマンが時間がないと嘆いています。

私もよくそんなふうに考えていました。

余計なお世話かもしれませんが、
私は自分がチカラになれそうな悩みを聞いてしまうと
少しアドバイスしたくなってしまいます。

本当に基本的で簡単なアドバイスしかしませんが、
それでもそこから売上UPに繋がったということも
ちらほらとあったりするのが嬉しいです。

先日も少し経営者さんとお話していた時に、
その経営者さんの悩みに対して
簡単なアドバイスをさせて頂きました。

「う〜ん、なるほど」
「そうだよね〜」というあいづち。

そして、30分程度話をして、
最後の瞬間、そのときは訪れました。

「また時間があったらやってみるね」

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

「いや、なんでやんないの?」
って心の中で反射的に思ってしまいました。

「また」なんていう時間はない

「また時間があったら」
なんていう時間はありません。

時間は限られているし、
上手くビジネスをしている人ほど、
時間の大切さを理解しています。

私が出会ってきた経営者さんたちで、
上手くいっている経営者さんは
皆、共通して同じ時間の使い方をしています。

それは、
「予定を先に入れる」
ということ。

時間はお金で買う事が出来ない

こんな当たり前なように思える言葉の重みをどれだけあなたは理解できているだろうか?

「時間」の使い方1つで、
1人の人間の生活は大きく変わってしまうと思います。

最近、街でよく見かける60分2,980円のマッサージ。
時間単位でのメニューだけれど、
これは時間あたりの技術を買っているのであって、
決して時間を買っているわけではない。

もしも、60分2,980円で時間が買えたら、
どんなに素晴らしい商品だろうかと思う。

しかし、「また時間ができたら」なんて考えているうちは、
24時間以上の時間があっても、なにもその人の生活は変わらないでしょう。

なぜか?

それは、人間は怠け者だから。
これは、皆一緒で避けられない事実。

一応、元治療家としても言えることだけれど、
これは人の生命維持にはとても重要な機能。

できるだけ楽することで体にかかる負担を減らせますからね。

だから、ちょっとでも楽ができそうならすぐに怠けてしまう。
小さな悪魔が耳元で囁いてくる…

「楽しちゃいなよ」って。

きっとあなたも経験がありますよね。
私はしょっちゅう耳元で囁かれています。

時間管理で自己を管理する

では、いわゆる成功者と呼ばれる人たちは特別なのか?
といわれれば、そんなことはない。

成功者と呼ばれる人たちも、もちろん怠け者。
しかし、それをちゃんと自覚しています。

だから、時間の使い方が上手いんです。
そして、やる事やって結果をだす。

たった1つのコツ

時間だけは、生きている限り
もっとも重要な資産だと思っています。

もちろん、お金で買えません。

では、この資産をどうやって使うのか?

時間管理や目標設定などといったノウハウがたくさんありますけれど、
要するに「時間の使い方を考える」ってことだと思います。

そして、まず1番簡単に取り組めるコツが、
「先に予定を確定させる」ってことです。

  • もうやるべき時間を取っておく
  • 予定を入れてしまう

ってことです。

なぜなら、予定がないと怠ける時間ができてしまうし、
モチベーションが下がってしまいます。

1つだけ守るべきルール

とはいっても、急用はつきものです。
そんな時、守るべきルールが1つあります。

それは「予定が絶対優先」ということ。

このルールを守らないと
何の意味もなくなってしまいます。

もちろん例外な事はあります。
しかし、よほどの事でない限り
予定を動かす事は基本的にありません。

この予定優先という
たった1つの絶対的なルールを
作るだけでかなりの強制力が働きます。

逆に、私のように怠け心が活発なタイプは
そうしないと「絶対にやらない」ということを
イヤというほど経験してきました。

なので、このルールだけは守りましょう。

まとめ

  • 予定を先に確定させてしまいましょう

オススメはまず一週間先から予定を確定させる。

慣れてきたら、
どんどん長期で予定を確定させてみましょう。

先に予定を入れておくと、
「今日何やろうかなぁ…」
なんて考える必要もなくなります。

「時間があったら」という考えでは、
なんにも進展しません。
結局、なんの行動もせずに終わってしまう。

私はこういった経験を何度もしてきたので
先に予定を入れるようにしています。

すると、振り返ってみた時に結果がついてきます。
「なんとかしなきゃ!」という思いで行動していないので、
意外と苦労を感じずに結果がついてくる感じがします。

そういった意味でも、予定を先に入れてしまうことがオススメです。

これをやり始めれば、きっとあなたも今より
もっと行動的になって、結果を出せるはずです。

ps.
今回の話ついでですが、
私は、突然「今日空いてる?」って
誘われることが苦手です。

だって、空いてないから。

あと、平気で遅刻する人も苦手です。

あなたはいかがでしょうか?

開いた状態の赤い手帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です