• いつも作業に時間がかかってしまう、、、
  • LP1つ書くのに何日も何週間もかかってしまう、、、
  • ブログ記事1つですら1週間はかかる、、、

 

コピーライティングを実践していると
自分の作業スピードが遅くて
悩んでしまう、嫌になってくる。

 

という経験が誰でも1度はあると思います。

 

なぜ、頑張って書こうとしても
仕事が遅れてしまうのか?

 

実は、その原因は『時間』にあります。

多くの人は時間に余裕があればあるほど
仕事が終わらなっていきます。

  • 納期まであと2週間ある
  • 今月は時間があるから来週からやろう
  • 夜時間があるから帰ってからやろう

 

こんなふうに考えていた仕事が、
ついついギリギリまで完成しなかった
なんて経験はありませんか?

 

実はこうした経験は誰でも
やってしまうものです。

 

なぜなら、

 

納期や締め切りまで時間があるとき
人は無意識のうちに
次のように考えてしまいます。

 

“時間は無制限にある”

 

当然、この思い込みには問題があります。
時間がは無限にあるというのは完全な思い込みです。

 

コピーライターなら
クライアントさんから受けた仕事を
期日までに仕上げて納品する。

 

これは絶対に守るべきことです。

 

もちろん、コピーライターに限らず
ひとりの起業家としても、
期日を守ることはとても需要なことです。

 

期日を守るか、守れないかによって
信頼関係に大きく影響するからです。

 

ときにはコピーの質(でき前)よりも
期限を守ることの方が需要なこともあります。

しかし、

  • なかなか思うように仕事が進まない
  • 時間はあるのにやる気が出ない
  • 気づくといつもギリギリで焦ってしまう

 

そんな経験があなたにも
1度はあることと思います。

 

人は目に見えない時間という資源を
ついつい「無限にある」と思い込んでしまうので、

 

何か仕事が任されたとき、頼まれたときに、

『時間がある=無限にある』

と
無意識のうちに思い込んでしまうことで
ついつい気が緩み集中力が失われていきます。

 

仕事が進まない原因があるということです。

 

人は時間があると勘違いすると、
目の前の仕事に対して、
さまざまな取り組み方を
考えてしまう癖があります。

  • こうしてたらうまくいくかな
  • もっとヘッドコピーの質を良くしよう
  • まずはしっかりリサーチしてから書こう

などなど。このように仕事を完了するために
さまざまな選択肢を自分で作ってしまうことが、
結果として、

 

集中力を削り、作業スピードを落としてしまう
大きな原因になっています。

 

人は選択肢が増えることで「迷い」が生まれ、
思考と感情をコントロールする力を失っていきます。

 

この事実については、
イギリスの歴史学者シリル・ノースコート・パーキンソンが
1950年代に「パーキンソンの法則」としてこう伝えてします。

『仕事は、完了に割り当てられた時間に応じて
複雑なものへと膨れ上がっていく』

つまり、

仕事を時間内に
完遂させたいのであれば
選択肢を減らすことが重要

ということ。

あなたも知らず知らずのうちに
選択肢を増やしてしまい、

いつの間にか集中力や、
やる気を失っているかもしれません。

“時間は有限なもの”

だからこそ、

時間を意識して
選択を絞って、
集中力を高めて、

目の前の仕事に
取り組んでみてください。

集中する女の子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です