超基本の公式を意識して集客を考える方法

お客さんを表すイラスト

気がつけば、もうすぐGWですね。
あなたは「早いなぁ」と思いますか?

同じ時間でも一人ひとり感じ方が違いますよね。
努力の仕方を間違えると
せっかくの時間が無駄になっていまいます。

今日はビジネスをしていくうえで、
絶対に知っておかないといけない公式をお伝えします。

少しマーケティングを勉強している人で
あれば絶対に知っている公式です。

【基本公式】客数×客単価×購入頻度

簡単に説明をします。

客数=お客さんの数

1ヶ月でどれぐらいのお客さんがくるのか?

そのうち、新規と既存の人の割合はどれぐらいか?

客単価=1回の購入でどれぐらいのお金をお客さんが使ってくれるのか

意外とこの金額を知らない人もいるので 
ぜひ確認することをお勧めします。

購入頻度=商品の購入頻度、お店への来店回数

お客さんが1ヶ月の間にどれぐらいの頻度で
買ってくれているか?来てくれているのか?

これもあまり知らない人が多いので
ぜひ、確認しておくことをお勧めします。

基本公式を常に意識する

この公式をしっかり意識して行動できているでしょうか?

この公式の答えは「売上」になります。

客数×客単価×購入頻度=売上

万が一、自分のお店の売上しか知らない!という人はかなり危険なので、
この数字は絶対に頭にいれて、常に確認しておいてください。

そして売上を上げたい!と考えた場合
この3つの要素を改善していくしかありません。

基本的に考えることはシンプル

あなたが売上をあげたい!となると、

  • 客数を増やすのか? 
  • 客単価を上げるのか? 
  • 購入回数を増やすのか?

という事になります。

どうしてもマーケティングを勉強すると
いろんなテクニックを使いたくなったり、
テクニックに溺れてしまう人も多いです。

特に、コピーライティングを学ぶとテクニックを試したくなってしまいます。

しかし、あくまでもテクニックは、
この3つの要素をサポートする一部分でしかありません。

なので売上を上げたいなら
この3つのうち、どの要素を改善して、数値を上げていくのか?

これを見極めないといけません。

基本的な改善のステップ

  1. 3つの数字を確認してあなたの現状を知る 
  2. 各要素を改善するためにあなたのお店ができる事を書き出す  
  3. できない!というのなら「なぜ今できないのか?」その理由・要因を考える
  4. 今できない理由・要因を取り除くプランを立てる

という4ステップが改善のための基本的な流れです。

しかし、とりあえず今回は、
経営者さんが一番気にしてしまう、客数についてお伝えします。

客数の改善

「客数」といえば「集客」のこと。
「集客」といえば「新規のお客さん」を思い浮かべるかもしれませんが、
もちろん「既存のお客さん」も含みます。

その客数を増やすには2つのポイントがあります。

  1. 「新規のお客さん」を増やすこと 
  2. 「既存のお客さん」の流失を減らすこと

「えっ?当たり前じゃん」と思ったかもしれませんが、
この2つが基本になります。

新規客を増やす2つのポイント

新規集客=集客が難しいというイメージはありませんか?


実は2つのポイントを意識すると、
意外と簡単だったりします。

ポイント1:お客さんを絞る

新規集客が上手くいかない人に限って、
すべてのタイプのお客さんを集めようと考えてしまいます。

「誰でも来てください」では誰も来ないです。

どんな人でも自分のお客さんに
しようと思うのが間違いです。
では、この時どうすればいいのか?

ペルソナを設定する

こんな時はあなたにとっての理想のお客さんを設定しましょう。
ぜひ、こちらの記事を参考にして考えてみてください。
→ 理想のお客さん、考えていますか?

ポイント2:知ってもらう

2つ目のポイントは 
まずあなたのお店、商品・サービスの存在を知ってもらうこと。
これも基本中の基本です。

ぜひ、こちらの記事で確認してみてください。
→ 集客できない理由、ダントツNo.1はこれだ!

まとめ

  • マーケティングをしていく上で、必ず【基本公式:客数×客単価×購入頻度】を意識しよう。
  • 経営者さんが最初に悩む「客数」は、2つのポイント押さえれば、スムーズに改善できる。

勉強すればするほど、基本の公式は忘れてしまいがちですが
常に意識して、確認し、改善していきましょう。

ps.
客単価や購入頻度についても、また別の機会にお伝えします。

お客さんを表すイラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です