ストーリーの書き方7ステップ【メルマガ会員限定コンテンツ】

ストーリーの書き方

ここではストーリーを書くための考え方・方法を簡易的にお伝えします。

ストーリーを描く鉄則7ステップ

  1. 見込み客と似ているスタート地点
  2. チャレンジ&失敗の連続
  3. 突然の出会い・発見
  4. 成功の連続
  5. 端的なメソッドの構築
  6. 他の人(お客様)も成功
  7. 次はあなたの番です
<補足|5.端的なメソッドの構築>

  • 科学的要素
  • 歴史
  • データ
  • 実験結果

などを示した上で
このステップ5で
『あなたのテクニック』を示します。

以上の7ステップに沿って
ストーリーを描くことで
見込み客の感情を動かすことができます。

もしかしたら
お気づきかもしれませんが、、、
このストーリーテンプレートは
『セールス向きのテンプレート』です。

なので、言い方が少し悪いですが、、、

  • マインドセットの低い見込み客
  • 自分で考える力が少ない見込み客

に対してはかなり強力なテンプレートです。

逆に、マインドセットの高い
見込み客に対しては
少しあおっているような
印象を与えてしまうことがあります。

なので、

  • 使う単語
  • 表現
  • 言い回し
  • 証拠の見せ方

と、いった部分を見込み客に合わせて
コピーを書くようにしてください。

それができるようになると、このストーリーテンプレートは
今後あなたがコピーを書く上で
強力な味方になってくれます。

ぜひ、この先ストーリーを描くときは
このテンプレートご活用ください。

ストーリーの見つけ方

「自分にはストーリーなんかない!」
という質問を受けることがあります。

でも、その認識は間違っています。

誰でも必ずストーリーを持っています。
ストーリーは作るんじゃなくて
探してください。

あなたが今やっているビジネス
、もしくは、
やろうとしているビジネスを

  • 


なぜやろうと思ったのか?
  • なぜやりたいのか?

この2つの質問を考えるだけでも
自然とあなたのストーリーが見つけることができます。